100年以上世界を旅するウィスキーの樽

例えばバーボンウィスキーの樽は北米のホワイトオークがケンタッキー州にやって来て樽になり、中身を真っ黒に焦がされたあとバーボンウィスキーの熟成に何十年も使われます。何十年もの歳月が流れてバーボン樽の役目を終えたこの空樽はスコットランドや台湾、日本に渡ってまたウィスキーの熟成に使われます。

関連記事

  1. ウィスキー探訪⑥ 山崎蒸留所

  2. 1年ぶりにYouTube収録をしたらえらい事になった

  3. 【神戸のBARにて】お客様は自身の鏡

  4. 新社会人へおすすめのカクテル🍸

  5. 番外 ほろ酔いの備忘録

  6. これは万能!紅茶のお酒