100年以上世界を旅するウィスキーの樽

例えばバーボンウィスキーの樽は北米のホワイトオークがケンタッキー州にやって来て樽になり、中身を真っ黒に焦がされたあとバーボンウィスキーの熟成に何十年も使われます。何十年もの歳月が流れてバーボン樽の役目を終えたこの空樽はスコットランドや台湾、日本に渡ってまたウィスキーの熟成に使われます。

関連記事

  1. 自分メディアを持つ、ということ

  2. 意外にツワモノ ウィスキー好きな女性シンガー

  3. 【雑談】たまたま入ったお店が素敵すぎた

  4. 2021年 お世話になった方へ届けたいウィスキー

  5. バレンタインデー 登校拒否をした息子と話して

  6. 近況報告